仕事テクニック

【仕事のマインドセットはどっちだ?】転がる石にコケをつけるべきかに関する自論

http://starletiam.tokyo

こんにちは、SE部長のスターレティアムです。

 

9月末といえば、上期の終わり。

社会人としては、お別れの季節の1つでもありますね。

 

10月からの下期に向け、体制変更があるような時期。

 

今、ちょうどZOZOの前沢社長が辞任されたように、
10月から消費税が10%に変わっていくように、
日本においては、9月から10月へ大きく転換していく時期です。

 

私にとっても今年の9月は大きな別れが待っています。

 

それは同じ現場、同業他社ではあるものの、
ずっと一緒に仕事をしてきた兄貴分でもある先輩が現場から離れることになりました。

 

20代後半から今まで、一緒に仕事をしてきたし、愚痴や悩みも聞いてもらったし・・・

10年間、とってもお世話になった兄貴です。

 

そんな別れが近づき急に思い出したことが、兄貴が2年前に言っていた質問です。

 

「売上のために、この現場を離れた方がいいかな?どう思う?」

 

それを思い出したのです。

 

そこから2年経ち、兄貴は結局旅立つのですが、あの時の答えと変わらず伝えたい。

 

私は「転がる石の方が魅力的だと思っています」ってね

 

 

損して得取れるのか?

兄貴は課長としてずっと悩んでいました。

「自分はこの現場が好きだけど、売上は上がらない」

 

兄貴も私も同じような人材派遣業をしているので、現場に人をいっぱい入れれば、売上があがる商売をしています。

 

兄貴の会社からは2名現場に入っています。

片や私は15人くらい。

まぁ、段違いなのですが(←嫌味な自慢w)

 

正直、兄貴の会社の規模から言うと、2名じゃ売上も少ない。

また、常駐先の会社から人件費を圧迫されているもんだから、割安で引き受けている状態。

 

簡単に言うと、兄貴の会社にとっては商売あがったり!ってやつ。

 

だから聞いてきたんですよね・・・

「売上のために、この現場を離れた方がいいかな?どう思う?」

 

そして、その時に私が返した答えは

当たり前じゃないですか、離れますよ。
だってうちら役職じゃないですか

 

私もその時は部長になっていましたし、見えている世界がマネジメントモードになっていました。

だからこそ、「何のためのマネジメントだ!」っていうことを伝えたくて言いました。

 

会社に属するものとしての最大ミッションって、

「まず売り上げる」ってことだと思っています

 

じゃないと、給料だって、会社の存続だって、危ぶまれますから。

 

その売上を上げるということに対して、わざわざ分かっている損を見ないっていうのはあり得ません。

損があれば切り捨てて、次の新たなチャネルを探し、売上を上げていくのがマネジメントの1つだと考えています。

 

一方で、日本には”損して得取れ”ということわざもあり、
”一概に損だから切り捨てるっていうのは大成功しない”なーんていう言葉があるもんだから、難しい。

 

兄貴もそれで、悩んでいたんだと思います。

 

でもやっぱり私の答えは変わらず、”転がる石”でありたいんだけどな。

だって、攻撃は最大の防御って言うじゃないですか!

 

 

A rolling stone gathers no moss

英語のことわざです。

日本語でいうと”転がる石には苔(コケ)が生えぬ”ということわざです。

 

兄貴の悩みはこのことわざに集約されています。

 

このことわざには、アメリカ式とイギリス式の2つの解釈があります。

 

イギリスの場合は、

常に動いているとコケ(お金や経験)が身に付かないから、一か所に身を落ち着かせて、そこで長い時間をかけて頑張った方がいい

という意味です。

 

一方アメリカの場合は、

一か所に長年留まってしまうと、コケ(変な癖・習慣や汚れ)がついて、本来の輝きが失われてしまう。

そのためには、常に変化を続け、動き続けなければならない

という意味です。

 

コケに関する解釈が真っ二つです!

 

日本は概ね、イギリスと同じ文化なのかなと感じます。

嫌なことがあっても、多少損をしてでも、同じ場所で一生懸命やっていれば、必ず報われる。

誰かが、いや、神様が見てくれているから、きっと大丈夫!(イギリス式)

 

って、見てるわけないじゃーんw(アメリカ式のツッコミ)

 

ガツガツ言ったもん勝ち、テキパキ行動したもん勝ち。

同じところに居続けていても、腐っていくだけじゃーん。

神様なんか見てくれてないから、主張・強調していかないと意味ないじゃーん!

 

って、発想がパリピじゃーんw(イギリス式のツッコミ)

 

兄貴はイギリス式、私はアメリカ式の考え方なんで、回答したところで合わないwww

 

ま、平行線ですよねw

 

 

本当はアデル式『Rolling In The Deep』です

結局、この話って、

ベテラン刑事とインターポール(国際刑事警察機構)って、どっちがすごいの?っていう話と同じですよね(急になに?w)

 

ずっと同じ場所で、ナレッジを溜めていって、それを活かして事件を解決するのと、

世界を股にかけて、各国に調査を依頼し、犯人を捜して事件を解決するのと、

どっちがすごい?

 

どっちもスゴイじゃん(笑)

 

だから、答えがない。

 

ただ、兄貴にはいい社会人人生を送ってほしいと願っている。

だからこそ言いたい。

 

やっぱりあの時はアメリカ式を選択する時期だったと!

 

でも結論から言うと、イギリス式・アメリカ式、どっちでもいいんですよね(笑)

 

その時々、意志や決定をするタイミングで、どちらかを選択すべきなだけで・・・

超当たり前なこと言ってる(爆笑)

 

ま、でも自分がブレそうになった時に、どっちに軸足を置いて考えるかという意味で、

イギリス式・アメリカ式を選んでおくと、考える手助けになると思います

 

 

ま、でも本当のこというと、私はアデル式です。

同じRollingでも、”Rolling in the deep型”です。

 

蠍座の女ですし、地獄の果てまでタイプですwww

裏切られたら、力を発揮します!わはははは!

 

コケをキレイだと言ってくれたのに振りやがって、覚えてろよっ!

もっとキレイになってやる!

 

これだから、女性って怖いwww

 

 

 

 

一生に一度しかない人生!思い立ったときにすぐ行動!

転職するなら今すぐ!
若さが武器になる時期は短い!今すぐ行動!



ステータスが欲しいなら今すぐ!
アメックスゴールドで信用のある人生を今すぐ手に入れよう!


節約するなら今すぐ!
同じだけ使って、料金が高いなんて!今すぐ乗り換え!
  • この記事を書いた人

starletiam(スターレティアム)

1980年生まれのSE会社 部長です。既婚・子なしのDINKsです。男性のようにガツガツ出世していく大変さと、”女性”として結婚・妊娠をするバランスを上手く取れないまま、それを面白がって楽しく走り続けています。

-仕事テクニック
-, , , ,

Copyright© 女は出世しちゃダメですか? , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.