仕事テクニック

【部下からの逆ハラスメント時代到来!】上司はつらいよ…

2019年7月19日

http://starletiam.tokyo

こんにちは。SE部長のスターレティアムです。

今回は本当に皆さんにお願いしたいことがあり、記事を書きます。

 

それは”仕事うぬぼれセルフチェック”です。

 

最近本当にハラスメント時代になったが故に、面倒くさくなりました。

何に面倒かって、

 

上司は怒れないんですよ、部下のことを・・・

 

だから、本当は良くないし悪い行為や態度だってことですら、怒れないんですよ。

婉曲(えんきょく)に伝えるしかなく、そんな伝え方だから、本人が悪いところに気付かないケースが増えてきています。

 

だからこそ、自分で”仕事うぬぼれセルフチェック”をして、自分のチカラで変えて、成長していかないといけない時代なんです。

 

皆さんは実は会社で嫌われたり、疎まれたりしてるかもしれませんよ

 

 

”言われるうちが華”は終わった

私の部下で自分の能力を測りきれていない女性が2名いました。

半分は私のせいだと思います。

 

なんでって、私は部下を怒らないという方針なんで

常に部下を褒めまくっています

 

怒られて育った世代なんで、怒られるのも怒るのも嫌いなんです。

 

でも、結果的に私は怒られたお陰で、今の立ち居地までたどり着いたのだと思います。

結局は、「怒ってくれて、ありがとう!」とすら思っています。

 

怒っていただくことで、自分の至らない部分を教えてもらった訳ですから、”言われるうちが華”だったわけです。

 

 

しかし、今はそんな時代じゃないんですよね。

 

上司は上司で色んな研修やミーティングなどで、ハラスメントは禁止と強く指導されています。

また、何がハラスメントになるか分からないので、怒るのは勿論のこと、明るい話ですら気をつけて話している状態です。

だからこそ、こんな時代になったからこそ、怒られて嫌だった思い出もあり、私も”怒る”という選択肢を外したんです。

 

 

その結果、部下はみんな野放しで育ちました(終了のお知らせ)

 

 

野放しでも、良い子が育つこともあります。

実際に良い子も育ってます。

でも、それは本人達のポテンシャルの高さであって、指導・教育によるものではないんですよね。

 

だから、極端にできる子とできない子に分かれてしまったんです。

 

”できない子にも怒れない時代”が到来してしまったんで、上司としても大変な思いです

 

 

自分が悪いところに気付けない

実際に仕事ができないので、常駐先から「もう必要ない!」と言われた部下A子がいました。

でも、このA子に私は怒ったことはなく、褒めることから始めて、婉曲に注意を行ってきました。

 

とっても頑張ってるね!ありがとう。その調子で、こういったところもチカラを注いでみると、もっと良くなるかもよ!

 

こんな感じで婉曲に指導してた訳です。

 

だから常駐先から必要ないと言われた時に、移動を伝えると・・・

A子「私、次のxxの仕事はやりたくありません。」

と言い始めたんです。

 

 

仕事ができないから移動になっているのに

A子本人からしたら「ただ単に移動」くらいに思っていて、

さらに”自分は結構できている”という思っているんですよ。

 

怖っ!

 

 

って、私の指導が悪いんですよ。

悪いんですよ、私が(何度か言い訳をさせてもらって・・・)

 

 

でもね、自分でも自分の悪いところ気付かないといけないんですよ、こんな時代なんだから!

 

 

仕事うぬぼれセルフチェック

めちゃくちゃ怒って、相手も凹まないで、文句も言わないでいてくれるなら、怒るんですけどね・・・

なんでもハラスメント、なんでもストレス、といわれる時代になったんで、本当に上司も身動きとれません。

 

なので、”仕事うぬぼれセルフチェック”をしましょう。

 

私は心理カウンセラーとか、専門医とかでもないんで、自分で気がつく範囲で気になることを列挙です。

 

  • 仕事はできる方である
  • 自分は空気が読める
  • 同僚とも仲良くできている

 

Noだったところは、それはそれでできていないことなんで、頑張ってください。

YESだったところは、”うぬぼれている”かもしれません。

自分で出した自分の評価ほど当てにならないものはありません。

結局、この3項目はセルフチェックして矯正していく必要があります。

 

 

次のチェック項目です。

 

  • 会社では世間話や雑談は絶対しない
  • 会社の人とは絶対に休みの日に遊ばない
  • 指示されたこと以外は絶対にやらない

 

YESの人は気をつけてください。

気をつけてほしいことは、”絶対”というキーワードです。

 

”絶対”って付くような行動・態度をしないようにしてほしいんです

 

”絶対”というワードが付く内容って、極端なことをしている時なんです。

極端な行動って、協調性がありませんよね。

やはりそういった極端な行動は、誰かに影響を与えているはずです。

 

”うぬぼれ”を1つ上回って、頑固な人になっていますよ

 

 

個性は死んだりしないから直そうね

  • うぬぼれを捨てろ!
  • 極端な行動を止めろ!
  • 規律を守れ!
  • 協調性を持って!
  • 平均的な行動を取っていけ!

なんて指導すると、皆さんが言ってきそうなのは・・・

 

みんなの声「私はロボットじゃないんですけどっ!」

 

実際、私も上司として言われたことのあるセリフです。

「ある程度の協調性・ある程度のルールを守ってね」ってお願いすると、こういうこと言ってくる人が必ずいます。

 

じゃ、逆に聞きたいですよ。

 

私も協調性を持って、ルール守っているんですが、ロボットに見えますか?

 

みんな守っているなら、他の人も全員ロボットですよね。

 

逆に守らないお前だけが人間だと言いたいのか?!おいっ!

 

はい、取り乱しました。失敬。

 

こういう文句を返してくる人は、極端な行動なので、やはり直すべきですよ。

こういう文句は、心の中でつぶやくか、友達と飲んだときぐらいにすべきですよ。

 

規律守ったからって、個性は死んだりしませんよ

 

規律とかルール、暗黙の了解、空気を読むなど・・・それができたら個性死ぬわけじゃないですよ。

 

このみんなが考えている”当たり前”と言われる行動・態度って、基礎点です。

 

フィギュアスケートでいったら、

”当たり前の行動・態度”って、ショートプログラムみたいなもんですよ

”個性”って、フリースケーティングみたいなもんですよ

 

 

参考までに

ショートプログラム ・・・ 滑る内容が決まっている

フリースケーティング ・・・ 自分の得意な演技を自由に決めて、自由に滑ることができる

 

ぶっちゃけ、ショートでもフリーでも、どっちの点数が高くてもいいんですよ。

総合得点が高ければ高いほど、順位が高くなるわけなんで、フリー(ここで言うと個性)が爆発しててもOKです。

それで金メダルも取れるかもしれない。

 

 

でもね、金メダル取るような人って、ショートもフリーも完璧でしょ?

 

だから、結局、基礎(当たり前)も応用(個性)もできている人なんですよ。

どっちも疎かにしてはいけないのです。

 

だからこそ、まずは当たり前に誰でもできる基礎がちゃんとできているか、セルフチェックをしていきましょう。

 

皆さんが思っている以上に

皆さん、基礎できてませんからね、あはははは(悪魔の声)

 

って、言ってるお前が一番できないけどなっ!(セルフツッコミ)

お後がよろしいようで・・・

 

 

 

一生に一度しかない人生!思い立ったときにすぐ行動!

転職するなら今すぐ!
若さが武器になる時期は短い!今すぐ行動!



ステータスが欲しいなら今すぐ!
アメックスゴールドで信用のある人生を今すぐ手に入れよう!


節約するなら今すぐ!
同じだけ使って、料金が高いなんて!今すぐ乗り換え!
  • この記事を書いた人

starletiam(スターレティアム)

1980年生まれのSE会社 部長です。既婚・子なしのDINKsです。男性のようにガツガツ出世していく大変さと、”女性”として結婚・妊娠をするバランスを上手く取れないまま、それを面白がって楽しく走り続けています。

-仕事テクニック
-, , , ,

Copyright© 女は出世しちゃダメですか? , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.